島野先生からのメッセージ

内分泌代謝・糖尿病内科では,糖尿病,メタボリックシンドローム、脂質異常症,肥満症などの生活習慣病や副腎、脳下垂体、甲状腺などの内分泌疾患の診療を中心に、動脈硬化,糖尿病に基づく腎障害,網膜症,神経障害など血管合併症を診療及び研究の対象としています。

診療背景と目的

特に肥満症を中心に糖尿病、メタボリックシンドローム、高脂血症、高血圧などの生活習慣病はライフスタイルの欧米化と共に顕著に増加しています。そして生活習慣病による合併症の発症は、日本人のQOLを支配する重要な因子となっています。例えば糖尿病は、成人の失明や腎透析の最大の原因であるのみならず、高脂血症や高血圧とならんで心筋梗塞や脳卒中の最も重要な原因となっています。また最近では認知症やがんのリスクとしても注目されています。私どもはこれらの患者さんに、合併症(心筋梗塞、脳卒中、腎障害、視力障害、顔、認知症)の予防、早期発見のため注意深く、また手厚く診療すべきと考えて、診療に従事しています。
増加し続ける糖尿病(あるいは生活習慣病)について何故、糖尿病が増加してしまったのかについて考えてみる必要があります。糖尿病の成因として体質と環境の両方が強く関与しますが、糖尿病の発症が急速に増加していることから、その主要因は単純に体質というよりは、生活習慣の急速な変化や老化に関係すると考えられています。日本人の元来保有している大事な遺伝子システムが現代の生活習慣や老化にうまく適応しなくなり始めていることにより、糖尿病の発症が増加しています。糖尿病の臨床や研究については、この不適応を如何に解消し予防するか、動脈硬化の進展を如何食い止めるかということに注目して取り組んでいます。

行動変容に向けて

糖尿病などの生活習慣病は、不適応の原因を解消、すなわち生活習慣特に肥満を是正すれば発症しないあるいは深刻な事態にならずに済むことが多いです。しかし実際には、よく知られているあるいは実感されているように、多くの患者さんにおいてこの生活習慣の是正の実行と継続は容易ではありません。ここには、行動変容のきっかけ、継続にまつわる人の心のありようやモチヴェーションの難しさがあります。糖尿病診療にチーム医療が叫ばれ、専門性が必要だからですが多くの職種のコメディカルの人たちが関わる大きな理由がここにあります。私たちはチームで患者さんとの信頼関係を築き、長い目線で生活習慣の改善を具体的に指導していきます。エビデンスに基づく診療により最適かつ安全な薬物療法を実施します。これにより良質な医療を実現したいと思ってます。

代謝内科のありかた

内科の基本を学び他科との連携を旨とする当科における生活習慣病や内分泌疾患の診療は、診断や発症予防のみならず合併症の管理が重要となります。多くの診療科と連携しながら、頭のてっぺんから足のつま先まで全身を診ていくことが特徴です。幅広い領域の的確な診療を目標に、エビデンスに基づく診療に心掛けています。全身にわたる合併症(予防)の横断的診療に対して,関連各科との有機的、効率的協力システムの確立をスタッフとともにめざしています。多科にまたがる動脈硬化性疾患の管理予防を通じて、診療、教育おける連携の要:ハブ的役割を担う科として機能していきたいと思います。特に関連各グループとは回診、カンファの相互交流をお願いして連携を一層深めます。

トランスレーショナルリサーチに向けて

生活習慣病や内分泌疾患の遺伝的背景や病態生理、成因を明らかにし、内分泌・代謝疾患を克服する為の創造的努力を、一丸となって取り組んでいます。多因子疾患である生活習慣病の原因遺伝子の分離同定や、発生工学的手法を用いた病態モデル動物の開発および解析を通じて、生活習慣病の未知の部分を明確にしたいと考えています。さらに分子生物学的手法を駆使して、糖尿病,メタボリックシンドローム、高脂血症,肥満の共通の基盤であるエネルギー代謝異常の分子機構や、その診療ターゲットである動脈硬化や糖尿病合併症の分子病態を明らかにしようとしています。現在最も克服しなければならない糖尿病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の根治的治療法の開発に発展させたいと考えています。
代謝内分泌は、がんや炎症、認知症、脳精神疾患においても重要なはたらきを担っており、cancer metabolism、immune metabolism、brain metabolismといわれているように様々な領域において代謝の重要性が注目されています。われわれの取り組みは、がん、炎症、脳、広く疾患や人の健康と老化、心、生き方につながると信じています。